セクション紹介

外来は、精神科外来と内科外来があります。1日平均130名の方が受診されます。受診される方のニーズにお応えし、安全で安心できる外来診療環境を提供したいと思っています。
何かございましたら、いつでも近くのスタッフへお声かけください。笑顔とやさしさで対応します。

 

入院時から3ヶ月以内の退院を目標に、安心して治療を受けることができる環境を提供できるよう、医師・看護師・精神保健福祉士・作業療法士などの医療スタッフが、チームとして関わっています。カンファレンスなども充足させ、1人1人の病状や状況に併せた個別ケアを心がけています。男性看護師と女性看護師の半々の看護体制で、20代から50代の幅広い年代のスタッフが、お互い助け合いながら日々笑顔が絶えない明るい病棟です。


 

2病棟は、50床の閉鎖療養病棟で患者さまの平均年齢63.1歳です。ちなみに職員の平均年齢は、47歳と年々高くなっているようで…。
患者さまの希望・目標に添った援助が出来るように、主治医・担当看護師・他職種と連携していきたいと思います。よろしくお願い致します。


 

精神療養病棟で、個室50床の閉鎖病棟です。
日常生活に何らかの介助を必要とされる方が多く、対応に追われる毎日ですが、患者さまの良いところに注目した関わりをもつようにし、患者さまもスタッフも共に笑い合える毎日をめざしています、また、スタッフ同士が何でも言い合える職場環境作りを行っています。


 

5病棟個室5病棟は、32床の精神科身体合併症の病棟です。認知症の方から内科疾患、ターミナルまで幅広い患者様を支援しています。忙しい病棟ではありますが、スタッフは芸達者が多くユーモアと愛情を持って関わり患者様の笑顔につなげています。


 

面会室認知症による精神症状や行動障害のために、在宅や施設などでの生活が困難な患者さまが対象の病棟です。 私たちスタッフ一同は、認知症は“その人の個性”と考え、個人を尊重した関わりをしたいと努力しています。平均年齢80歳を超えた病棟(もちろん患者さまの)で、毎日様々な出来事がありますが、「あんた達は若いなあ」の言葉と「ありがとう」の笑顔に励まされながら、共に過ごす時間を大切にしたいと思っています。


 

7病棟は、平成4年に建てられた70床の個室がある病棟です。様々なグループ活動を通して患者さんのQOLの維持・向上に努めると共に、多職種と協働して退院支援に取り組んでいます。
個別性だけでなく、多種・多様な取り組みが求められる現在、それぞれが持つ「生きづらさ」に焦点をあてた医療・看護を提供していきたいと考えています。


 

8病棟は、平成23年に新築された明るく 広々とした病棟です。  
病室は、3人部屋で各部屋にそれぞれトイレ・洗面台がついています。専用の家具で区切られ、お互いの 交流を図りながら、プライバシーも確保されます。 季節に応じた行事を開催して,多くの参加者で賑わいます。


 

平成23年に開設された40床の精神療養病棟です。 全室個室で、各部屋には専用の家具・ トイレがあり、落ち着いて療養できる環境が整っています。
ゆったりとした空間で患者様のQOLの向上に努めています。 多職種で連携し、一人ひとりの患者様にあった ステップアップのお手伝いをしています。

 

ページの先頭へ