薬局

精神科薬物治療がより安全に行われるように処方支援を行い、
また安心して服薬できるような患者教育を心がけています。

取り組み
精神疾患の治療において、薬物療法は重要な位置付けにあります。
近年、見直しが必要とされている多剤大量処方(抗精神病薬を数種類併用するため薬の総量が多くなる)の軽減についても、医局の先生方と協力し、安全で最適な薬物治療がすすめられるように取り組んでいます。
また、精神科領域においては服薬が長期間におよぶこともあり、患者さんへの教育も大切であると考えています。私たち薬剤師はこれからも服薬指導や心理教育などを通じ、お薬を安心して、また継続して服用していただけるように指導・支援していきたいと考えています。
各種委員会への参加
現在、薬剤師が所属している主な組織として、医療安全管理対策部会、院内感染防止対 策委員会(ICT)、NST(栄養サポートチーム)、精神科チーム医療推進委員会等がありま す。精神科チーム医療推進委員会では、委員長の林先生を中心に「情報の共有化」・ 「人と人とのつながり」を基本とし、カンファレンスやクリニカルパスの導入等も視野 に入れ、毎回活発な話し合いがなされます。
 
スタッフ

常勤薬剤師 3名
非常勤薬剤師 1名

薬剤助手  1名

【薬剤師募集について】
当院では精神科領域の疾患に対して、幅広く経験を積むことができるため、各種認定薬剤師の資格を取得することも可能です。2011年冬に完成した新しい建物で、薬局は外来エントランス近くに位置し、動線も良く便利な場所にあります。また、調剤室より病院自慢のアーケードも望めます。
私たちと一緒に頑張っていただける方をお待ちしています。新卒の方はもちろん、精神科領域が始めての方でも大歓迎です。 詳しくは、こちらまで。

 

ページの先頭へ